リースより自由なコピー機レンタル

コピー機はいまやすべてのオフィスにとって不可欠な製品のひとつですが、新製品を買おうとしても価格が高すぎてなかなか手が出せないのが実情です。もちろんファミリー向けの低価格コピー機なども家電量販店に行けばいろいろと登場しているのをみかけますが、あくまでもオフィスでの需要にこたえられるだけの能力をもった製品となると、廉価版ではまったく歯が立たないといってもよいでしょう。このような場合には新製品の購入にこだわるのではなく、別な方法でコピー機を導入することを検討すべきです。そこで注目したいのがレンタルやリースですが、それぞれの方法に応じた違いがありますので、よくわきまえて選択することがポイントになります。

特にレンタル方式はリース方式と比較した場合に、契約上の自由が保たれており、気軽に使えることは大きな特色となっています。たとえば契約にあたってリースであれば事前審査が必要であり、場合によっては契約そのものが審査落ちのためにできないこともありえますが、レンタルであればこのような審査がないので個人事業主であっても借りることは可能です。また店頭に在庫がある製品が対象となっていますので、リースのようにわざわざメーカーからとりよせる時間的なロスが発生せずに、すぐにでも製品を届けてもらえるところもメリットといえます。さらには契約期間が比較的短期であっても認められており、極端な話をすればイベントのために一日だけ借り入れるようなことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です