コピー機のレンタルと事前審査

コピー機はメーカーから買い取った場合には高くついてしまうことが多いといえますが、リースやレンタルなどのしくみを活用すれば、より安くコピー機を導入することができます。もちろん所有権は自前でもつことができなくなってしまいますが、実際問題として所有権が問題になることは仕訳上の話だけであって、できるだけ現金の支出を避けたいのであればこれらの方法はベストな選択といえます。リースはメーカーや機種の選択幅が大きいこと、契約期間のトータルでみた代金が安価となることから人気ですが、レンタルとはまた違ったしくみということは忘れてはならないところです。そのひとつに事前審査が不可欠となっていて、この審査をくぐらなければ契約もできないことが挙げられます。

いっぽうでコピー機のレンタルは短期的な使用の場合に好まれていますが、もちろん数か月や数年での長期にわたる契約は可能です。もっとも長期になるとリース方式のほうが料金が安いメリットが生まれやすいといえますが、事前審査のことまで考えた場合には、レンタルのほうが使いやすいこともあります。リース方式では契約に先立って審査があるのは前述のとおりですが、レンタルであればこのような事前審査はなく、だれでもコピー機を手にすることが可能です。これはもともと短期間のスポット的な使用を想定していることもあって、かならずしも機器の償却期間などに直接的に振り回されることがないためです。

コピー機のレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です