コピー機のレンタルと期間

コピー機は職場になくてはならない製品のひとつですが、価格が高額なために気軽には手が出せないというのが一般的な中小企業や個人事業主の悩みといえます。このような場合に想定される買い取り以外の方法としては、リースやレンタルが挙げられます。大企業の場合はコピー機をリースで調達することが多いようですが、リースはメーカーや機種を自由に選ぶことができるほか、毎月の安価なリース料で長期にわたって使用しつづけることができるのがメリットとなっています。しかしリース契約の場合はその契約期間が数年がかりの長期契約となっているのがふつうであり、途中解約もできない制限があります。

加えてリースにあたって審査をかならず受けなければならず、これも大企業はともかくとして中小企業や個人事業主にはハードルのひとつです。これらの課題を解決できるのがレンタル方式ですが、この場合はコピー機はレンタル会社の在庫から借り入れることになるため、機種やメーカーは制限されるもののすばやく納品されるメリットがあります。しかもリースにはつきものの事前審査はありませんので、気軽に借りられるのも大きなメリットです。レンタルの場合は数日程度の利用であっても認められるほか、数週間や数か月といった期間であっても契約することができます。

これはリースと比較したときの大きな違いであり、途中解約をわざわざしないでも細かな期間をはじめから決めておくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です