コピー機のレンタルと個人事業主

世の中には法人のほかに個人として事業を行う、いわゆる個人事業主の立場にある人も少なくはありません。個人事業主であっても製品やサービスを販売して利潤を上げたり、確定申告をして所得税を納税するなどといった活動形態は法人とそれほど違うことはありませんが、登記されている法人よりも信用度の面では高くないといった実情もあります。そのためにリース契約などをしたい場合であっても、事前の審査で信用不足を理由に断られてしまうケースが少なくはなく、これが仕事をする上での大きなネックとなってしまっています。たとえば個人事業主の立場でコピー機をリース契約以外の方法で安価に導入したい場合ですが、レンタル契約という方法があることも忘れてはなりません。

レンタル契約の場合はリース契約とは違って、機種やメーカーを自由に選定できず、あらかじめ決まったメニューしかないこともあるほか、トータル金額でリース契約のほうが安上がりなケースもあります。しかし最近ではレンタル会社の在庫も充実しており、最新鋭のコピー機が選択できるケースが多いほか、リース方式では必須となっている事前の審査もありませんので、申し込みをすればただちに製品を手配して届けてくれます。リース方式と同じくコピー機のメンテナンスを包括契約することもできますので、故障がおきたときにそのつどサービスエンジニアを呼び出して修理費を支払う必要もなく、このようなオプション部分も含めて安価にすませることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です