コピー機レンタルと保守契約

コピー機をレンタルすれば、メーカーから直接購入すると高額なコピー機をより安価に使いこなすことができるようになります。この方法は業務用に特化したレンタルショップと契約して、在庫となっている中古コピー機を期間を決めて借り受けるものです。購入とは違い多額の金銭を一度に支払うことがなく、資金繰りに困っている中小企業や個人事業主も便利に活用のしがいがあります。リース契約もこれとよく似ているとはいわれるものの、リースの場合は事前の審査があって審査にパスできなければ契約はできず、契約期間も数年はかかってしまい、その間の契約解除は原則的にできません。

そのよう理由もあって、中小企業や個人事業主であればむしろリースよりレンタルのほうがぴったりといえます。コピー機をレンタルするのであれば、本体そのものの借り入れに加えて、契約期間中の保守についても考えなければなりません。頻繁に使用するのであれば紙詰まりその他の不具合は起こりがちになり、深刻な故障も当然ありえます。このような場合にそのつどサービスパーソンを呼び出して修理してもらうことになれば、修理代金でかなり高くついてしまいます。

そこでレンタルの場合には包括保守契約をあわせて締結することによって、たとえばコピー機のカウンターに応じた一定の金額を支払うことによって何度でもサービスを受けることができ、追加料金はよけいにかからないといったサービスがあるのがふつうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です