コピー機レンタルの際の見積もり

コピー機はいまではオフィスに不可欠の電化製品のひとつですが、業務用の製品をメーカーから直接購入すると、相当な高額になってしまうことが否定できません。特に最近の製品は複合機化が進んでおり、紙の文書の写しを作成する機能だけではなく、パソコンにつなげてプリンターやスキャナーとして利用することも想定されており、高機能であるがゆえに価格が以前の製品よりも高くなってしまっています。しかし資金力に困難がある中小企業や個人事業主であっても、仕事上コピー機を使わざるを得ないシーンはいくらでもありますので、購入以外の選択肢としてコピー機をレンタルする方法があります。レンタルであれば使用した日数に応じて料金を支払えばよく、一度に多額の現金が必要な購入よりは経済的な負担が少ないはずです。

そこで実際にコピー機をレンタルしたい場合ですが、まずは使用する際の条件をしっかりとふまえた上で、レンタル会社に見積もりをしてもらうことがたいせつです。たとえばコピー機を設置したい建物の場所によっても、料金が違ってしまうことがあります。本体のレンタル料金そのものは日数による計算で容易に出せるはずですが、現地設営や運搬の手数料などは見積もりをしてもらわないと正確にはわからないことが多いといえます。また機種によっては大きすぎて設置場所に入らないということもあり、そうなればよりコンパクトにつくられた最新の機種のみが選択肢となってしまい、当初の見込みよりも高くついてしまうこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です