コピー機レンタルとリース

紙の文書をデジタル文書に置き換えるデジタルトランスフォーメーションが進んでいる昨今ですが、いまでも税金の申告書や領収証、請求書などの紙の文書はいくらでもあり、その量はそれほど減ったという実感はないはずです。このような状況のなかではコピー機のような文明の利器なしに仕事をすることは不可能ともいえるでしょう。紙の文書を必要な枚数だけすぐに作成するすぐれた能力は、コピー機をおいてほかにはないためです。実は最近のコピー機は紙の文書を単にコピーするだけではなく、デジタル文書を紙の文書へとプリントしたり、ファクシミリを受けて紙の文書で出力したりといった、デジタルの世界と紙の世界の橋渡しの役目も果たすようになっています。

そのため旧式の白黒コピーと比べると、価格も大幅にアップしているため、購入するにも一苦労がかかります。コピー機を安く導入する購入以外の方法にはリースやレンタルがあります。リースであればリース会社が依頼主の希望に合わせてメーカーから製品を調達し、毎月固定の料金をもって貸し付ける形態です。いっぽうでレンタルはすでにレンタル会社の在庫にある中古の製品を依頼主に貸し出し、その対価を料金として徴収します。

長期使用の場合はリースのほうが安価になりますが、リースはほぼ年単位の長期契約しかできず、途中解約も認められないため、短期であればレンタルのほうが好都合です。特にリースの場合は料金を一日からでも計算ができるのもメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です