コピー機のレンタルとリースの違いを把握しておく

コピー機を企業などで導入する場合、単純に購入するだけでなく様々な活用方法から選ぶ事が可能です。その中の1つとしてレンタルとリースという方法がありますが、それぞれメリットや特徴などに違いがあります。まずコピー機を利用するのであればレンタルとリースの違いをしっかり把握したうえで、どちらがより有効的な活用方法かを判断することが大切です。まずコピー機のレンタルの特徴として、契約期間は3ヶ月から3年未満と短い期間となります。

そのため短期的な利用予定であれば、レンタルの方は利用しやすくコスト面でもお勧めです。逆にリースの場合は契約期間は最低でも3年からとなっており、最長でも6年ほど利用する事も出来ます。利用期間に大きく違いがあるという点は、しっかり把握しておくべきポイントの1つです。また途中解約といった内容の場合レンタルであれば可能ですが、リースの場合は解約自体が出来ない事が多いです。

どうしてもリースで途中解約する場合は、解約金や違約金といった費用の支払いが必要になります。製品自体はリースの場合は自由に機種を選ぶ事が出来ますが、逆に借りる場合は新品は少なく機種も自由に選べない事も多くあります。初期費用についてもかかる場合とそうでない場合もあり、それぞれの利用方法によって特徴が大きく異なる事がわかります。そのため特徴をしっかり把握したうえで、どちらの利用方法が最適かを判断して選ぶ事がポイントであり重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です