コピー機のリース契約でコストの削減につながります

多くの会社の事務所に必要な設備の一つに、コピー機が挙げられます。これは複合機とも呼ばれるものであり、近年の種類は非常に便利になっていて、コピーをもちろんのことプリントアウトやスキャン、ファックスなどまで活用することができます。一台あれば用紙に関するものであれば、どんなことでもできるという万能設備にあたります。しかし実際にコピー機を設置するとなると、かなりの費用がかかることになるでしょう。

事務所の賃料などに加え、コピー機を購入するとなると、100万円前後の費用が発生することも多いです。初期にかかる費用は必須とは言えますが、このような高額なものはなかなか簡単には購入することができないでしょう。このような時に便利に利用できるものがリース契約と呼ばれるものです。レンタルと似たような契約方法にあたりますが、レンタルとは異なり比較的長期間のレンタルであり、その間に備品の購入やメンテナンスをサービスとして行ってもらえるので、気軽に活用することができるでしょう。

コピー機のリース契約の場合には、2年ほどの期間で契約更新が行われるので、その間は最新機種を使い続けることができるでしょう。更新の際に再び最新の機種を使うことができるため、近年では人気の方法のひとつです。これから先起業する際などにも、コピー機の購入に悩みがあるのであれば、とりあえずリースという形でお試しで活用してみるのも一つの手段と言えます。コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です