会社で使うコピー機のリースは利用頻度から選ぶこと

国内で営業をしている会社では、7割以上もの会社がコピー機をリースで借りているという統計があるように、自社で購入するよりもメリットがあることは間違いありません。この契約では月額制となるものなので、毎月に経費として処理できるメリットと、使う経費の額面が固定されているので経費の計算がしやすくなるメリットもあります。現状としてコピー機のリースでは、安さを競い合っていることが目立つようになり、インターネットから専門会社を調べてみるとその様子は十分に理解できます。最安値の機種の中には月に5、000円から利用できるものがあれば、月に20、000円程度の機種まであり、自由自在に会社側で選べるので安心です。

この料金の価格差においてはコピー機の機能性も影響をしており、例えばフルカラーで印刷をする際に1枚当たりに掛かる時間が短い程、高性能と判断できます。会社側でコピー機のリース契約を結ぶ際には、公式サイトを必ず確認して機種の選定を行うことは欠かせません。印刷枚数が月に20枚や30枚など非常に少ない会社の場合は、最低限のFAX機能や用紙の対応サイズを確認することで安く借りることは十分に可能です。印刷枚数が多いという会社の場合は、選び方は2つのパターンに分けることができ、1枚ごとにカウンターが作動する契約機器と枚数に関係せずにトナー代で済ませられる契約もあり、どちらが良いのかで迷った際には、専門会社に直接に相談をすることで最適化してもらえます。

通常は短くて3年、普通は5年、長くて10年契約となるので期間を決めることも欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です