コピー機をリース契約する場合のメリット

オフィス機器として不可欠なコピー機や複合機を導入するためには、購入する方法以外にリース契約を利用する方法があります。リース契約は、高額な機械や設備などを契約者に代わって購入し、一定の期間にわたって料金を受け取りながら貸し出すもので、コピー機や複合機においても購入をするよりも初期費用を低く抑えながら最新の機種を導入できるのが大きなメリットです。特にコピー機や複合機は、新しい機能が続々と開発されて、新機種の発売も頻繁なので、リース契約期間を3年から5年程度に設定して最新機種に借り換えをすることで、常に最先端の技術が搭載されている商品を使うことが可能となります。また、所有権がリース会社にあることから、コピー機や複合機にかかっている全てのコストを全額経費処理することができ、減価償却の手続きや固定資産税の支払いが必要ないのも魅力です。

毎月の費用が固定されていることから、ランニングコストとしても把握しやすく、経費の管理がやりやすいです。さらに、動産保険が適用されることから、万が一の火災や盗難などで被害が出た場合にも手厚い補償が受けられます。そのほか、コピー機や複合機が不要になった場合の撤去にかかる処分費用なども自分の会社で負担しなくて大丈夫です。経費削減を実現するための有効な手段としてリース契約を活用している会社は非常に多く、特に大量の複合機を設置しなくてはいけない大企業を中心に需要が高まっている傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です