コピー機のリース契約で失敗しないためには

コピー機はオフィスの必需品の一つですが、新品で購入すると100万円を超える値段となります。そのためなかなか購入には踏み切ることができずに、リース契約で導入する方法が一般的となっているでしょう。とはいえ実際にその相場を見ると、料金はピンからキリまであり、大きな差があることがわかります。できる限り安い方が良いかもしれませんが、安いからといってこの機種を選んでしまうと、後々に後悔する可能性も考えられます。

契約が終わった後に失敗したということのないように、事前にしっかりと確認が求められます。一般的なコピー機のリース料金は、機械本体の金額により異なります。価格は販売店により違うこともありますが、基本的には能力が高ければ高価になる傾向にあり、印刷を見るとモノクロ印刷だけのものよりもカラー印刷ができるものの方が高くなります。さらに印刷速度が速ければ速いほど、値段もそれに伴って高くなるでしょう。

このようなことから安いという理由だけで選んでしまうと、性能が足りずに失敗する可能性も考えられます。反対に業務内容に必要のないスペックを持つ機種を導入してしまえば、高額な料金を支払うのが無駄になってしまいます。このように導入する際には、1ヶ月の印刷枚数から、どの程度のスペックが合っているのかを考えることが重要です。リース契約の料金は本体の料金だけではなく、維持費として保守料金なども発生することを忘れてはなりません。

これはメンテナンスや修理などに関わる契約であり、無料で迅速な対応をしてもらえることから、トラブルの発生しやすいコピー機には必須といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です