コピー機のリースは本当にお得なのか

コピー機のリースは、購入したいものをリース会社が代わりに購入し、月々の料金を支払って借りるという方法です。コピー機は特に最新機種だと高額で初期費用の負担が大きくなりますが、リースで導入すれば初期費用を大幅に抑えることができるため、オフィスを構えた初期の運用資金を確保したり他の備品を揃えるお金に回したりできます。レンタルとは異なり欲しい機種を手に入れることができるというのも魅力です。コピー機を購入して自社で所有する場合は減価償却などのコストが発生しますが、リースでは所有権が自社に無いため費用を経費として処理でき、面倒な事務処理を必要としません。

毎月の支払金額が決まっていて、ランニングコストを管理しやすいというのも利点です。ただ、リースは月額料金に手数料が上乗せされる分トータルコストで考えると購入する場合より高くなりますし、5年~7年の長期契約でもあるので、契約内容を理解してから導入しないと大幅に損をしてしまう恐れもあります。また、基本的に中途解約できないため、契約後に後悔しないように会社を選ぶことや事業の想定をすることが重要です。しかし、適正価格で対応がしっかりした会社を見つければ、コピー機をお得に利用できると言えます。

コピー機導入の際にともに結ぶのが一般的な保守契約は自社購入よりもメンテナンスを容易にしてくれますし、トラブルがあった際の対応も優良な会社であれば迅速に対応してくれるので安心して利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です