コピー機をリース契約にするメリットとデメリット

コピー機は購入じゃなくてリースにしたほうがいいのだろうか。もしこんな風に迷ってる方がいらしたら、リースした場合のメリットとデメリットについて調べてみるといいでしょう。それを調べたうえで、自分の会社にとってメリットのほうが大きいと判断したら、長期間賃貸を選ぶといいでしょう。しかし逆にデメリットのほうが大きいと判断したら、思い切って購入を選ぶべきでしょう。

それではまず、コピー機を長期間賃貸する場合のメリットとデメリットを調べてみましょう。まずメリットとして真っ先に挙げられるのは、面倒な管理事務処理をしなくてよくなることです。というのは、コピー機を購入した場合は、税金の申告、納付、減価償却、資金調達など、何かと事務処理が発生してしまいますが、購入ではなく長期賃貸にすると、こうした事務処理をしなくてすむのです。なぜなら、コピー機を賃貸にすれば、所有権は借りた人にはなく、貸した人にあるからです。

当然、諸々の事務処理は所有者自身が行わなければなりません。また機器の導入費用については、賃貸にすれば製品代金を一気に支払う必要はないので、会社の会計を圧迫しないですみます。一方デメリットには、総額が購入より高くなるといった問題があります。これはどういうことかというと、長期賃貸で導入するコピー機には購入の場合と違って、本体価格以外にも金利や保険料などの諸費用が含まれています。

よってこうした諸費用を本体価格に合わせると、総支払い代金では購入した場合より高くなってしまいます。こうしたメリットとデメリットについてはよく考えておかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です