コピー機のリースという選択肢

コピー機は現代のオフィスにおいては必要不可欠なOA機器として定着しています。最近では単なるコピー機としてだけではなく、FAXとしての利用が出来たり、プリンターとしての仕様など様々な機能を兼ね備えている多機能機としても高い評判を得ています。この様なコピー機を導入する際には、かつて取られることが多かった購入という手段は近年減少傾向にあり、代わりにリースと呼ばれる方式で導入するケースが多くなっています。リースのメリットは購入という形の場合に必要となる一時的な資金が必要なくなるという点が非常に大きいです。

また所有権を持たずに導入することが出来るので、リース期間満了後はその時に導入可能な最新機種に随時変更して行く等の対応が可能です。月々の支払いの負担も購入に比べて非常に軽く済むため、おすすめの方法であると言えます。コピー機のメンテナンスなどを考えた場合にも多くのメリットがあります。契約時にメンテナンス契約をすることで、緊急時にコピー機のサービス業者がメンテナンスを行ってくれる等のサービスを受けることもできるため、買取のケースとはまた違った便利さを享受することが出来ます。

また、コピーのためのランニングコストについても複数の選択肢が用意されているのが一般的です。一つは従来型のトナー買取方式ですが、もう一つは一枚のコピー当たりいくらというカウンタ料金と呼ばれる契約方式です。これらのどちらの契約形式が有利であるかはどのようなコピーを取るかによって大きく変わってくると言えるでしょう。そのため仕組みを理解して選択することが望まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です