コピー機をリースした場合のメンテナンスについて

コピー機をリースした場合のメンテナンスは大きく2種類に分かれます。それはメーカーメンテナンスと自社メンテナンスです。メーカーメンテナンスの人は、各機種に詳しく、メンテナンス技術も担当が誰であっても常に安定しています。またどのメーカーであっても基本的に全国対応となっているので安心できます。

しかしその一方で各メーカーメンテナンスの人はそれぞれ自分のところのメーカーのコピー機専門であるために他のメーカーのコピー機の知識はありません。メーカーメンテナンスの人はこのような特徴があります。では自社メンテナンスの人はどのような人なのでしょうか。基本的には地域密着型でお客様と密にコミュニケーションを取ります。

このため細かいニーズに対応してもらえます。また対応できるメーカーについても取り扱っている機種の範囲内であればどのメーカーであっても特に問題ありません。しかし、技術力はメーカーメンテナンスの人に比べて技術力にバラツキがあり、担当が変わった場合に今まで対応してくれた範囲までサポートしてもらえなくなることもあります。またリース業者自体が地方から東京に拠点を移した場合も今後メンテナンスが不可能となり、カウンター料金の見直しやコピー機の入れ替えなどを余儀なくされます。

業者が倒産した場合ももちろんメンテナンスを受けられなくなります。このため、コピー機のリース契約においては、メンテナンス事項もよく質問して不安が残らない形で締結するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です