コピー機のリース契約の種類について

コピー機のリース契約は実際に契約する業者によってその内容が大きく異なります。例えば、大手メーカーと契約すると販売代理店の場合に比べてランニングコストが高くつきます。その反面コピー機の種類を豊富に取り揃えているので高品質な印刷にも対応することができます。このためリースを考える時に性能面を重視したい場合は比較的機種を自由に選べる大手メーカーを利用すると良いでしょう。

ちなみに相場は月額10000~20000円程度となっています。大手メーカーと契約する場合の特徴は以上ですが、その他にも契約の形態はあるのでしょうか。実は販売代理店もリース事業をサービスの一環として行っているところがあるのです。このような販売店と契約するメリットは、価格と印刷品質のバランスが良いという点です。

大手メーカーの場合に比べてランニングコストを抑えることができます。ただし、その分揃えている機種は少なくなります。しかし、印刷品質がある程度保たれていて、なおかつ料金もリーズナブルという点が販売代理店の強みです。相場も月額12000~15000円と良心的な価格設定となっています。

中には最低3500円からという激安プランを提示している業者も存在します。なお大手メーカーや販売代理店のいずれもオプションサービスを実施しています。業者によってこのサービスに違いはありますが、カウンター料金、コピー用紙代、トナー代、コピー機の設置費用、メンテナンス費用などの要素のオプションを無料にしてそれをそれぞれの業者のアピールポイントにしているのです。このように契約形態というのは様々な形が存在しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です