コピー機のリース返却時の注意点

コピー機をリースする時は、初期費用、機能性、ランニングコストなどを十分に考慮して契約するのが一般的ですが、返却の際は何を注意すればいいのでしょうか。借りたばかりでとても返却時のことなんてまだ全然考えていない、という意見もあるかもしれませんが返却時の場合に備えておくのも重要なことです。では返却時に何を注意すれば良いのでしょうか。まず第一に注意したいのが、現在コピー機にプリントされていないタスクが残っていないかという点です。

プリンター機能を長く使用していると、何らかの原因でタスクが完了しないまま残ってしまうケースが多々あります。そのようなタスクがコピー機の中で蓄積している可能性があるのです。このため、未完了のタスクが残されていないかを確認してすべて削除してください。次に注意すべき点は、コピー機はコピーしたものは回収しても案外原本がそのまま放置されることがある、という点です。

コンビニでもよくありますが、コピーした用紙は持ち帰っても、その原本は忘れていくそうです。リース返却する前にもう一度原本が残っていないかどうか確認してみてください。他にも返却時の注意点があります。それは、コピー機にはスキャナーやコピーのデータも残されている、という点です。

メモリ機能の関係からメモリにデータが残る場合があります。普段はそれ程気にする必要はありませんが、返却時は確実に消去するようにしてください。機密情報が含まれていたら後々トラブルの原因となる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です