コピー機の再リースについて

再リースとは、前回の契約満了後も同一機種のコピー機を継続して使用していく、というもので、再契約にあたっては1年契約の年額料の12分の1程度を支払うことを更新の条件としている場合が一般的です。例えば、契約期間が5年のコピー機は5年経過したら返却する必要がありますが、1ヶ月分のリース料金をさらに支払うとコピー機を1年間継続して使用することができます。どうしてこのようなシステムが有効になるのかと言いますと、5年契約のコピー機というのは契約期間が5年経過すると本体の代金分はすでに十分に賄えてしまうのです。このため、たとえその後1ヶ月分の料金で1年間貸し出したとしても損失はまったく発生しないのです。

このように多くの業者は、再リース期間を通常1年以内としています。また更新時の追加料金も低額に抑えられています。では、コピー機を契約更新すると必ずお得になるのかと言われれば、実はそういうわけでもありません。というのも、通常5年も経過すれば最新型が出回り、その分今まで使用してきた機種の代金や保守費用も安くなっていくからです。

このため、契約を更新する場合であると保守契約にかかる費用が最初の契約時の金額のままとなりますが、一度契約を切り、同機種を再度契約し直す方がより安くなってお得になることもあるのです。このため、契約が満了したらすぐに契約を更新するのではなく、再度もう一度情報収集をして検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です