コピー機をリースするメリットについて

コピー機をリースするメリットは、まず資金を効率的に回すことができるようになります。そもそもコピー機というのは一般的に高額です。このため、導入の際は一度に多額の資金が必要不可欠です。リースの場合であれば、月々一定の料金を支払うだけで済むので、浮いた資金を他の運転資金に回すことができます。

また料金は経費で処理できます。月々発生する料金は、それが税務上認められている期間であれば全額経費として計上することができます。またそれに加えて、契約期間を法定耐用年数よりも短い期間に設定できるので、その分減価償却期間を短縮できます。さらに固定資産にも計上されないので財務比率を考慮する必要はありません。

事務作業の省略化も計れます。コピー機を購入した場合は、資金調達から減価償却処理、保険の手続きなどの管理業務が発生します。リースをするとこれらの事務作業をすべて省略することができます。これにより事務の合理化も図れます。

さらに原価意識の面も徹底化が図れます。機械の設備投資によるコストという面から見ると、月々一定額の料金というのは明確に把握できる形態であることから、原価計算の簡素化が図れるとともに原価意識の向上にもつながります。環境面においても、破棄に関する経費を必要としないばかりか、破棄に関する知識を蓄えたり、破棄処理の手続きなどを行う必要はありません。業者の方でその時々の新たな規制に適切に対応した形で破棄処理を行うので環境面の法律を気にする必要がないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です