脱毛をするなら控えたいNG行動を覚えよう

###Site Name###

脱毛は肌にレーザーやフラッシュを照射して、ムダ毛にダメージを与えていく美容ケア方法になります。

ムダ毛に含まれているメラニン色素にダメージを与えていくため、肌への影響が少ないというメリットがあります。
ですが、脱毛前後の行動によっては痛みや炎症が強まる恐れがあるので気を付けましょう。
どんな行動が脱毛に不適切なのか、きちんと理解して避けるように心がけることが大切です。

まず最初に気を付けたいのが、日焼けです。

肌は紫外線を受けると、多くのメラニン色素を分泌して刺激から皮膚を守ろうとします。


その結果、脱毛で使用するレーザーやフラッシュの影響がムダ毛だけではなく肌にも及ぶ可能性が高くなってしまいます。

痛みや炎症を強く感じたり、場合によってはヤケドなど引き起こす可能性もあるので気を付けましょう。

紫外線対策をしっかりと行うとともに、美白ケアをすることで、スムーズに施術を進めていくことができます。

次に気を付けたいのが、体温の上昇です。

激しい運動や飲酒を行うと体内の血管が広がり、血液の流れが活発になります。



その影響で体温が上昇し、外からの刺激に敏感になるので気を付けましょう。



また、肌内部の温度が上昇することで水分の蒸発量が増え、乾燥肌や黒ずみにもなりやすくなってしまいます。

ですので、脱毛の前後は激しい運動と飲酒を控えるように心がけましょう。
辛いものや熱い食べ物の摂取も、同様に体温の上昇に繋がるので控えるほうがおすすめです。